2014年3月23日

I-O DATAの外付けHDDをeSATA化してみる


このエントリーをはてなブックマークに追加
2年ほど前に、I-O DATAの2.0TB 外付けHDD (HDCA-U2.0CKB) を写真や動画の保存用として購入しました。

しかし、8,000円の安さに釣られて買ったために、インターフェースはUSB2.0しか対応しておらず、転送速度の遅さにイライラしていました。

とりわけ、個人的にデジタル一眼レフで写真を撮っているので、大量かつ巨大なサイズのJPG+RAWデータを転送しなければならず、それはそれは転送にかなり時間がかかっていたわけです。
2.0TBの容量の外付けHDDを買ったのもデータが大きく、内蔵HDD(500GB)ではすぐ埋まってしまうためです。

幸い、自分のPCにはeSATAポートがついていたので「HDCA-U2.0CKBからHDDだけぶっこ抜いてeSATA対応のHDDケースに換装すればかなり転送速度が上がるんじゃね?」ということで換装するに至りました。
(世間ではeSATAは「いらない子」扱いされてますが・・・USB3.0が自分のPCにはついてないんですよ・・・)